RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RSIとは

RSIとは「Relative Strength Index」の略で、日本語では相対力指数と訳すらしい。

(いきなりこんなことを書くと相場に長年いる人は読み飛ばしてしまいそうだけど、負けている人は、最後の方だけでも読んで欲しい。)

何のことだかさっぱり分からないですね。

僕も、こんなブログのタイトルつけてるくせに、 「相対力指数」とか言われてもさっぱり分からないですw

「相対」ってのは、ダイバージェンスとかヒドゥンダイバージェンスとかの関係で分かるけど(値動きの上下と時間の推移を相対的に見て逆行現象が発生しちゃうのがダイバージェンスだからね)、「相対力指数」 って言われても意味不明です。


ということは、意味なんてどーでもいいってことですねw

価格とRSIの位置関係を把握することが大事なわけですから。


じゃあRSIの計算式や計算方法が大事なのか??


そんなの知らなくていいね。

だって、そんなのチャートソフトが自動的にやってくれてるわけじゃないですか。エクセルで真面目に計算とか、全くする必要はないです。


じゃあRSIの期間、設定が大事なのか??

実はこれもそこまで大事じゃないんです。有名なRSIの設定だと「9」「11」「14」あたりかな。違いは、RSIの反応の速さだね。

MT4、MT5などでRSIの設定を変えて試してみれば、どんな違いがあるのかは分かるでしょう。

僕は「9」に設定してますが、大事なのはどんな設定にしているかではなく、同じ設定を使い続けることですね。


同じ設定値で使い続けることです。



本当に大事なので強調してみましたw

同じ設定値で使い続けることで、必ず見えてくるものが出てくるからね。というか、同じ設定値で使い続けないと、いつまで経ってもその特長を最大限に生かせないと思う。

続き RSI の期間、設定

<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンドの認識、ロングか?ショートか?

トレンド認識の証明とは?


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
スポンサーサイト
[ 2012/08/28 23:36 ] RSIの基本 | TB(0) | CM(0)

RSI の期間、設定

前回記事RSIとはで、RSIの計算式、計算方法などは大事ではなく、覚える必要もないと書いた。

そして、RSIの期間、設定は「9」「11」「14」あたりが一般的で、違いは、RSIの反応が速いか遅いか、ということを書いた。

もちろん設定は「9」「11」「14」じゃなくてもOK。「10」でも「12」でもいいんじゃないかなと。

ただ、「8以下」とか「15以上」の設定だと、RSIが持つ本来の特徴「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」「逆行現象(ダイバージェンス)」などの把握をすることが難しくなるから、「9~14」のどれかが良いとおもう。


画像で「9」と「14」の違いを比べてみよう。

EURJPY1H
(※クリックで画像が大きくなります)
ユーロ円の1時間足チャートです。


画像下ににRSIを二つのせた。設定は画像に記載してあるとおり。大差ないように見えるが、細かいところで反応に差があるのが分かるはず。


ちなみに、画像に引いてあるブルーのラインはヒドゥンダイバージェンスで、白いラインがダイバージェンス

(RSIにトレンドラインを引いてるわけではありません。そーゆーやり方もありますが)

基本的には、この2つのダイバージェンス(逆行現象)の概念を使ってトレンドフォロー(押し目買い、戻り売り)するんだけど、それを覚える前に、トレンド認識(環境認識)ができていないと、リアルの相場で上手に使うことはできないし、相場勝負で勝ち続けることができないということは何度も書いてますね。


ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスに特化した記事ももちろん今後書くので、是非ともブックマークからはずさないようにお願いw


逆行現象という意味では同じなんだよね。ヒドゥン(隠されている)なのか、どうなのかって違いだけで^^


ヒドゥンダイバージェンスについては、リバーサルと呼ばれることもあるみたい。一応調べてみたけど、厳密には違うらしいが。その辺の細かいところはテクニカルツールマニアに任せておけばいいので、どーでもいですね。

続き RSI 高値圏 安値圏(底値圏)

<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンドの認識、ロングか?ショートか?

トレンド認識の証明とは?


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/09/01 22:33 ] RSIの基本 | TB(0) | CM(0)

RSI 高値圏 安値圏(底値圏)

RSIの見方シグナルという話になると、FXでも株でもまず「売られ過ぎ(=RSIが30以下)」「買われ過ぎ(=RSIが30以上)」という判断材料になるということ。


あるいは、高値圏安値圏底値圏)の判定。


これ自体は間違ってはいない。

ただ、RSIの期間、設定の記事で載せた画像をもう一度見て欲しいんだけど、このユーロ円1時間足のチャートの中で、「売られ過ぎ(=RSIが30以下)」になっている状態が何回かありますが、この状態でロングでエントリーしても、かなり高い確率で損切りになるか、運がよくても建値で逃げるくらいが関の山。


これでは利益を伸ばすことはほぼ不可能に近い。


また、この画像で、ショートでエントリーするための(弱気の)ダイバージェンスと、ロングでエントリーするための(強気の)ダイバージェンスがありますが、トレンドの転換を狙ってロングでエントリーしても、やっぱり、かなり高い確率で損切りになるか、運がよくても建値で逃げるくらいが関の山。


だから、買われ過ぎ、売られ過ぎ、とか、高値圏、安値圏、っていうのは、トレンド認識の証明とは?の記事でも書いてるけど、特定のタイムフレームに限定されたことなんだよね。


5分足だと売られ過ぎで、15分足だとRSIは真ん中くらいで、1時間足だとRSIが買われ過ぎで、、、

みたいな感じで、

そして、これこそが相場勝負で勝つためのポイントというか、トレンド認識につながっていく。


かなりしつこく言いますけど、トレンドの認識ってのはそれほど大事なんです。FX(相場の勝負)というのは、複数の時間軸(マルチタイムフレーム)を同時に見て、どのようなトレードに優位性があるか、ということを常に考える必要があります。



<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンドの認識、ロングか?ショートか?

トレンド認識の証明とは?

RSI の期間、設定


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/09/08 19:05 ] RSIの基本 | TB(0) | CM(0)

RSIの設定をMT4でいじりたおすよりよっぽど大事なこと!

質問などで、「RSIの設定は何を使っているんですか?」とかあるんですが、まずこれについては、過去記事にそのまま書いているので、そちらをご覧ください。

RSI の期間、設定


さらに、「MT4でRSIの設定や期間を色々と試して勉強してます!」ということを言う方もいるんですが、無駄な努力の可能性が高いのでちょっと待ってください。


まず、MT4やらMT5やらのチャートソフトで、RSIの設定を9やら11やら14やら、それ以外の数値で検証しつくしても、一向にFX相場の勝てるようにはならないと思います。


その行為自体が楽しくて楽しくて仕方なくて、別にお金を稼ぐ気がないというのならよいですが、相場の世界で勝ち残りたいなら、同じ設定で長い間使い続けた方がよっぽどよいです。


ころころと値を変更していると、
なかなか特性が見えてこないからです。



トレードスタイルや手法というものは、誰にでも合ったものがあるわけではないので、自分に合うものを探すという意識は大事かもしれません。


しかし、例えば、
過去チャートなどにあてはめて、9の設定で検証して、次にまたすぐ14の設定で検証する、ということをやっていると、どちらの設定も使いこなせるようになりません。



それでは、トレードの上達というよりは、ただの趣味的な実験みたいなものです。


あるテクニカル分析が上手になるためには、同じ設定で、ある程度の期間(少なくとも三カ月以上)はリアルタイムの相場で使い続けることが重要です。


それによって、使い続けているからこそ気付く点が出てきたりします。


あと、もっと根本の話になりますが、テクニカル指標というものは、そもそもトレンドの力を上手に利用する(トレンドに上手に乗る)ための補助ツールなので、その辺のことを忘れて、設定・値に凝りまくっているとなると、なんかもうトレーダーとしての方向性がズレているようにも思えます。


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2013/01/30 15:20 ] RSIの基本 | TB(0) | CM(0)


メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。