RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイバージェンスの基本

(RSIの)ダイバージェンス逆行現象なんて言われても、ほとんどの人はピンと来ないでしょう。逆行現象なんて日本語、日常生活ではまず聞かないものね。


なので、具体的に言うと

・値動きとRSIが逆の動きをしているということ


図で見た方が早いですね。
ダイバー
(※クリックで画像が大きくなります)


通常、値動きが高値を更新したら、RSIの値も上がっていくものだけど、値動きが高値を更新しているにもかかわらず、RSIの値は下がっていく、ということですね。

これが、逆行現象といわれる所以です。


このような状況は何を示唆しているかというと、トレンドの勢いが一旦弱くなっているということなんですね。ちまたの教科書や、テクニカルツール全般について軽く触れているだけのブログなどでは、トレンド反転のサイン、というように書かれていたりしますが、これはちょっと危ない書き方だと思います。

ちゃんとトレンドを認識していれば問題はないんだけど、ダイバージェンスは必ず反転するわけではありません。

僕なりの安全な解釈としては、「トレンドの勢いが一旦弱くなっている」というだけです。


何故かというと、ダイバージェンスがついても、その後に同じタイムフレームでヒドゥンダイバージェンスがつくと、ダイバージェンスは容易に覆されるからです。まさにこれは、よくある「ストップを巻き込んで」という表現が適切で、逆張りでエントリーしてきたトレーダーのストップを刈り取って、更にトレンドを継続してきます。

だから、ダイバージェンスがついたからといって、安易に逆張りのポジションを取ることは非常に危険です。



<関連記事>
大衆心理を理解してないからFXで負ける!?

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

まずはトレンドの認識から


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
スポンサーサイト

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

ダイバージェンスの基本

の続きです。

ダイバージェンスを説明しているサイトでは、ほとんどの場合、

逆張り
トレンド転換狙い

のためのサインとして書かれているんですが、それは一旦忘れてください。


何故なら、何も考えずに上記の方法を実践すると、高い確率で損切りが繰り返されるし、あまりにも効率が悪いんです。


ダイバージェンスが発生して、エントリーし、そのまま一応成功したとしても、それがトレンドを無視した単なる逆張りでは結局すぐに逃げなきゃならなくなります。


なので、ダイバージェンスは、ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせることで、とても強い優位性を持つ順張りのサイン(トレンドフォロー)として使えるんです。


エントリーポイント ユーロ円1時間足 の記事で載せた画像を使いまわします^^;w
ユーロ円1時間足


リスクリワード比で言うと、1:3 ~ 1:6くらいのトレードができます。しかも、勝率は70%以上を維持できるので、以前も書いたけど、トータルでマイナスになる方がおかしい。


ただ、これに関しても、トレンド認識やルールというものは必要です。ヒドゥンダイバージェンスがついてからダイバージェンスがついたらエントリーすればいいってほど甘くはないんですね。


といっても、そこまで難しく考える必要もなく、あとはもう個人的にやりやすいシグナルを決めればいいだけです。


検証はもちろん必要ですが、必ず勝てるルールを構築しようとすると、いつまで経ってもルールが出来上がらないので、そこは手法探しの迷子にならないように気をつけてくださいね^^;


ただ、その前に、しつこく書いてますが、トレンド認識は必須です。これは、できて当然のうえで、そのうえでダイバージェンスを利用したトレンドフォローを覚えると、利大損小のトレードばかり行えるようになると思います。


つまり、勝ったり負けたりしながらも資金が増えて生きます。必勝法などという安っぽい小手先のテクニックに頼るのではなく、投資家として、投資の王道として、利大損小トレードを繰り返して確実に資金を増やしていくわけです。


ルール作成の参考やダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスについての考え方を深めたいという方は、ダイバージェンストレード教材レビュー!の記事で紹介しているDVD教材も役に立ちますので、参考にしてみてください。


<関連記事>
FXで新しい手法を覚えたらまず最初にするべきこと!

複数タイムでのダイバージェンス

ダイバージェンスの基本


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ

複数タイムでのダイバージェンス

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う


よりリスクを小さくするためダイバージェンストレードを書いていきます。たぶんここまで書いているのは、このダイバージェンストレード教材と、あとは僕のブログくらいだと思います^^;


タイトルについてですが、

ダイバージェンスは、複数タイムで確認した方が、よりリスクを小さくしてエントリーすることができます。

どういうことかというと、

大きい足でダイバージェンスを確認したら、今度は小さい足(大きい足の1/4~1/6くらいの足で)ダイバージェンスがつくと、小さいリスクで大きな値幅を取れる絶好のチャンスです!


ポンド円 日足チャート
ポンド円日足
この画像でダイバーがついてるのは分かりますね。RSIの値はギリギリ30に達したくらいですが、30まで達してから値動きとRSIの値が逆行したら、ダイバージェンスの条件は満たしています。で、このまま日足だけを見てエントリーしてもよいのだけれど、さらにリスクを小さくするために、青い四角で囲んだ箇所を4時間足で見てみると


ポンド円 4時間足チャート
ポンド円4時間足
日足チャートでは気づかない小さい波のダイバーがついてるんです。これによって、よりストップまでの幅が狭い状態でエントリーすることができます。


これは、

・4時間足と1時間足
・1時間足と15分足

というような組み合わせでも使えるので、デイトレレベルの短期トレードでもいけます。


大きい足でダイバーがついたら、小さい足でダイバーが発生するのを待つ、というのもトレードスタイルとしてよいだと思います。

ダイバージェンスだけで勝てるわけではないがトレードの優位性は高い

<関連記事>

まずはトレンドの認識から

ダイバージェンスの基本


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ

ダイバージェンスだけで勝てるわけではないがトレードの優位性は高い

下記のような質問というかメッセージをいただきました。

FXはダイバージェンスだけで勝てるのではないでしょうか?(かなり略してます^^;)

かなりストレートですね。ありがとうございます。おかげで記事ネタができました。


ダイバージェンスという逆行現象だけで勝てるのかというと、もちろんそれだけでは勝てませんが、

ダイバージェンスを利用して、エントリータイミングを厳選し、ちゃんと自分のルールに従って相場に挑めば、それだけで優位性の高いトレードができることは間違いないと思います。


その結果として、勝てます。勝てるというのは、トータルでプラスにしていくことができるという意味ですね。


しっかりチャートを検証すれば分かるとおり、ダイバージェンスによるトレードは、比較的ストップを浅めにしてエントリーすることができるため、自然と利大損小トレードが作り易いんですね。


ただ、大事なのは、やっぱりまず最初にトレンドを認識し、その次にリバーサルやダイバージェンスが発生した後にどうなったらエントリーするか、とか、どうなったらエグジット(利食い・損切り・微益撤退)するか、というトレードルールであり、ここだけしっかり構築しておけば、後はもうメンタル負荷から解放されて作業みたいにトレードしていくことも可能だと思います。


<関連記事>

FXで新しい手法を覚えたらまず最初にするべきこと!

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ


メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。