FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RSIとは

RSIとは「Relative Strength Index」の略で、日本語では相対力指数と訳すらしい。

(いきなりこんなことを書くと相場に長年いる人は読み飛ばしてしまいそうだけど、負けている人は、最後の方だけでも読んで欲しい。)

何のことだかさっぱり分からないですね。

僕も、こんなブログのタイトルつけてるくせに、 「相対力指数」とか言われてもさっぱり分からないですw

「相対」ってのは、ダイバージェンスとかヒドゥンダイバージェンスとかの関係で分かるけど(値動きの上下と時間の推移を相対的に見て逆行現象が発生しちゃうのがダイバージェンスだからね)、「相対力指数」 って言われても意味不明です。


ということは、意味なんてどーでもいいってことですねw

価格とRSIの位置関係を把握することが大事なわけですから。


じゃあRSIの計算式や計算方法が大事なのか??


そんなの知らなくていいね。

だって、そんなのチャートソフトが自動的にやってくれてるわけじゃないですか。エクセルで真面目に計算とか、全くする必要はないです。


じゃあRSIの期間、設定が大事なのか??

実はこれもそこまで大事じゃないんです。有名なRSIの設定だと「9」「11」「14」あたりかな。違いは、RSIの反応の速さだね。

MT4、MT5などでRSIの設定を変えて試してみれば、どんな違いがあるのかは分かるでしょう。

僕は「9」に設定してますが、大事なのはどんな設定にしているかではなく、同じ設定を使い続けることですね。


同じ設定値で使い続けることです。



本当に大事なので強調してみましたw

同じ設定値で使い続けることで、必ず見えてくるものが出てくるからね。というか、同じ設定値で使い続けないと、いつまで経ってもその特長を最大限に生かせないと思う。

続き RSI の期間、設定

<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンドの認識、ロングか?ショートか?

トレンド認識の証明とは?


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
スポンサーサイト
[ 2012/08/28 23:36 ] RSIの基本 | TB(0) | CM(0)

トレンド認識の証明とは?

世間一般で、

RSI逆張り
RSIレンジ相場用

という認識が強そうなイメージがあるんだけど、どうだろうか。

世間に出回っているRSIの記事では、そのような説明がされているものが多い(RSIを利用したトレンドフォローを推奨している人もいるけど)。RSIというか、オシレーター系の記事かな。

そこで、仮にRSIをレンジ相場での逆張りに使うとして、その時、どの時間軸のRSIを見るのか?

1分足か?5分足か?15分足か?1時間足か?4時間足か?日足か?それ以外か?

5分足だとRSIは売られ過ぎで、15分足だとRSIは真ん中くらいで、1時間足だとRSIが買われ過ぎで、4時間足だとRSIは真ん中くらいで、、という状態だったら、どの時間軸を見るのか?


結局のところ、これが判断できないなら、どのツールも使いこなすのは難しいだろう。

トレンドを認識する、というのは、そーゆーことなんだよね。相場の流れや背景、環境認識がしっかりしていれば、押し目買いでも、戻り売りでも、レンジ相場でも、どの時間軸のシグナルを見るのがよいか、ということが分かってくる。

ストキャス、RCI、MACD、ボリンジャーバンド、一目均衡表などでも同じ。


そこはもう基本にのっとって、高値・安値の、切り上げ・切り下げ、で認識の訓練をするというのが一番確実ですね。そしてこの訓練は必ず役に立ってくる。

環境認識力という、相場勝負で絶対的に必要な力が身についてくる。逆に、これを身につけないと、いつまで経っても負け続けるだろう。初期の自分がそうでした^^


あとは、トレンドは値動きの上下以外にも、時間の推移も関係してくるので、その辺も含めてRSIは便利なんだよね。実は時間の概念が分かり易く含まれているから。


<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンドの認識、ロングか?ショートか?


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/08/24 01:40 ] トレンドの認識方法 | TB(0) | CM(0)

トレンドの認識、ロングか?ショートか?

トレンドを認識するってのは、具体的に言うと、その時の相場環境でロングが有利かショートが有利か、という違いが分かっているということになる。

逆に言うと、

ロングか、ショートか、どちらに優位性があるか分からないということは、トレンドを認識できていないということになる。


何故なら、ロングに優位性がある場面で、テクニカルツールがショートのサインを出したとしたら、それはもちろんエントリーすべきではないし、ショートに優位性がある場面でロングのサインが出ても、エントリーすべきではない。


RSIというテクニカルツールは、MACDなどに比べると、反応が早いので、その分、売り買いのシグナルも多く出る。


トレンドを認識しないで、単純にRSI「売られ過ぎゾーン」に入ったらロングを考え、「買われ過ぎゾーン」に入ったらショートを考える、という発想では、エントリーしてもすぐ逆行して、損切りになる可能性が高くなってしまうだろう。


だから、RSIに限らず、どんなテクニカルツールだろうと、トレンドを認識しているというのが大前提になる。


まずはトレンドの認識から、でも書いたけど、色々な時間軸で、高値・安値が切りあがっているか、切り下げっているか、つまりダウ理論にもとづいてトレンドを認識することが重要になるんだよね。


<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンド認識の証明とは?


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/08/19 19:16 ] トレンドの認識方法 | TB(0) | CM(0)

まずはトレンドの認識から

まずはRSIの見方とか、ダイバージェンスとか、シグナルとかの前に、トレンドの認識(環境認識)ができていないと、やはりトレードで勝つことは難しい。

これができていないと、どんなテクニカルツールを使っても勝つのは難しいだろう。


トレンドの認識って何?ってなるわけだけど、シンプルに言うと、高値・安値を切り上げているか、切り下げているか、だね。つまり俗に言うところのダウ理論


しかも、これを複数の時間軸で見て確認しなければならない。これが意外とできていない人が多い。


できれば複数の通貨ペアで確認すると尚良いが、それは応用の段階なので、まずは、一つの通貨ペアで、色々な時間軸の、高値・安値の切り上げ、切り下げを見て、例えば、「15分足だと上昇で、4時間足だと下降だなー」とか、そんな感じで、とにかく、高値・安値に注目して、確認する。それしかない。


スポーツでいうと、基礎訓練みたいなもん。相場の世界ではこれが絶対に必要。


そしてこれは、すぐできるようになるわけでもなく、ある程度の訓練が必要。


今の相場だと、豪ドル米ドルは、日足は上昇トレンド、1時間足は下降トレンドから上昇トレンドに変わりそうだなー、と。ユーロドルは、週足も日足も下降トレンド、4時間足は上昇トレンド、1時間足は急激な上昇トレンドだなー、って感じ。


この訓練を積んでいれば、どのタイミングでロングorショートすればよいのか、ってのが分かってくる。そこにダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの概念を混ぜると、「値動きがもうこっちに進むしかない!」っていう段階まで追い詰めていくことができる。


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/08/17 01:05 ] トレンドの認識方法 | TB(0) | CM(0)

RSIの使い方の前に

FXを開始した時、三ヶ月連続で負け続けた。

そこで、ちょうど、とある人間がFXを教えてくれるというので、素直に習い、今では安定して勝てる状態になった。

その、とある人間ってのは、有名な講師でもないし、有名ブロガーでもない、ただの友達。

その友達は本当に勝っている。口座履歴(取引履歴)を見せてもらったから間違いないw

そして何より、ソイツに教えてもらった考え方とやり方で自分が勝っているのが証。一応現時点で七ヶ月連続トータルでプラス。

今では自己流のアレンジを加えたやり方を確立してる。その友人はSMAとRSIを使っていて、SMA重視でゆったりトレンドフォローするスタイルだけど、僕はRSIを重視してトレンドフォローするスタイル。

最近はロウソク足を見ないで、RSIダイバージェンスヒドゥンダイバージェンスの関係だけ見てれば勝てるんじゃないかって思えるほど、のわけはない。すいませんそれは無理です。



結局、有名な講師に習っても、有名ブロガーのやり方を真似ても、相場の世界でトータルで勝つ、ということがどーゆーことか分かってないとダメなんだよね。


僕はラッキーだったかもしれない。たまたま勝ってる友達が身近にいて、教えてもらえたのだから。知らない講師や知らないブロガーよりよっぽど信用できたしw


「エントリーしたポイントとエグジットしたポイントは必ず教えろ」とか「30分足未満の足を見るな。疲れるだけだ」とか言われ、「何でこんなところでエントリーしてんの?この場面じゃまだエントリー条件満たしてなくね?」とか言われたりもした。友達だから容赦がないw

「ここは直近に強いレジスタンスがあるからロングしちゃダメだよ。抜けてから押し目を探せよ」とか何度も言われたw今ならもちろん分かるが、当時は分からなかった。

「お前はそーゆーのにすぐ気付くかもしれねーけど、俺はまだ気付かないんだよ」とか言い返したりもしたw


何故あんなに熱心に教えてきたのか分からない。自分のやり方を他人に教えて、勝てるようになるかどうかを確認したかったのか。ある種、僕は被験者だ。


今はメンタル的にも余裕と自信がでてきた。だからこんなブログを書く。


で、相場の優位性はトレンドにあり。要は、そのトレンドの優位性をどういう観点から利用して乗っかるか、ってことなんだよね。ちゃんとトレンドを認識して、しっかり資金管理を行ってそのトレンドの方向に仕掛け続ければ、トータルで負ける方がおかしい。トレードって、それくらいシンプルな世界。

本当に、負けてる人には申し訳ないが、何で(トータルで)負けるの?っていう。負けてた自分に言いたいw

RSIなどのツールでエントリーやエグジットのポイントを探るというのは、あくまでもトレンドの認識という大前提があっての話。


そんなこんななので、共有の意味もかねて、RSIユーザーとして、僕なりに伝えられることを伝えていきたいと思う。


<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンドの認識、ロングか?ショートか?

トレンド認識の証明とは?


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ

プライバシーポリシー

本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。

もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてください。

なお、Cookieはご利用者様のブラウザを識別することはできますが、 ご利用者様個人を特定することはできません。同様にWebビーコンもご利用者様個人を特定することはできません。

詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html


メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。