FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイバージェンスだけで勝てるわけではないがトレードの優位性は高い

下記のような質問というかメッセージをいただきました。

FXはダイバージェンスだけで勝てるのではないでしょうか?(かなり略してます^^;)

かなりストレートですね。ありがとうございます。おかげで記事ネタができました。


ダイバージェンスという逆行現象だけで勝てるのかというと、もちろんそれだけでは勝てませんが、

ダイバージェンスを利用して、エントリータイミングを厳選し、ちゃんと自分のルールに従って相場に挑めば、それだけで優位性の高いトレードができることは間違いないと思います。


その結果として、勝てます。勝てるというのは、トータルでプラスにしていくことができるという意味ですね。


しっかりチャートを検証すれば分かるとおり、ダイバージェンスによるトレードは、比較的ストップを浅めにしてエントリーすることができるため、自然と利大損小トレードが作り易いんですね。


ただ、大事なのは、やっぱりまず最初にトレンドを認識し、その次にリバーサルやダイバージェンスが発生した後にどうなったらエントリーするか、とか、どうなったらエグジット(利食い・損切り・微益撤退)するか、というトレードルールであり、ここだけしっかり構築しておけば、後はもうメンタル負荷から解放されて作業みたいにトレードしていくことも可能だと思います。


<関連記事>

FXで新しい手法を覚えたらまず最初にするべきこと!

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
スポンサーサイト

ダイバージェンス!!ユロドル1時間足分析

ユーロドルで、珍しく短期トレード(1時間足)準備です。

1時間足ベースで、広めにRSIヒドゥンダイバージェンスをつけつつ、狭めにダイバージェンスがついたので、今後の相場展開によってはショートエントリーを建てるかもしれません。

ゆろどる1時間足
ダイバーユロドル1時間足

ただ、注意点として、現在、日足のトレンドはレンジ内にいるのでかなり曖昧です。上昇か下落か迷っている状態ですね。

なので、トレードのGOサインが出たとしても、少なめのリスクでエントリーしておこうかと思っています。

久々にMACDを見てみましたが、MACDはデッドクロスしていますね。

最近、ドルストレートもクロス円も、一部の通貨ペアを除けば非常に曖昧な動きをしています。豪ドル米ドルとかはかなり分かりずらいですね。

こんな時は、無理に分からない通貨ペアに手を出さず、広い視野で、自分がトレードしやすいと思える相場ができあがった時のみ、ちゃんと分析してトレードを行えばよいと思います。


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

トレンド認識用の無料動画レビュー記事

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

以前も少し紹介しましたが、質問があったので、違う観点から、著作権違反にならないようにレビューいたします!

新しいダイバージェンス FXトレードの実践

概要


教材タイトルにあるとおり、

ダイバージェンスについてとことん説明している教材DVDです。

元々ダイバージェンスというシグナルは、その他のテクニカル指標と比べても信頼性が高いことで有名ですが、さらに、

より精度を上げて高い勝率を追求する内容

となっています。

「ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス、逆行現象って何?」っていう人にも分かるように、ダイバージェンスの基礎的な部分から、相場での実践的な使い方までを解説しています。

個人トレーダーが悩むポイントって具体的に何でしょうか?


・どこでエントリーすればいいのか分からない
・どこでエグジットすればいいのか分からない
勝率が上がらない

特に、エグジットポイントについては、かなりの上級者でも常に悩むところです。エグジットポイントというのは、利食いや損切り、あるいは微益撤退(逃げておくべきポイント)の全てです。

じゃあ何故こういうポイントで悩むのかというと、

明確な判断基準を持っていないからですね。

そこで、このダイバージェンスDVD教材は


・どんな時に勝率の高いエントリーができるか説明している
・ダイバージェンス発生後のエントリーサインを説明している
・エントリー後に、エグジットすべきポイントも説明している


というのがありがたいです。

具体的なDVDの内容は


ダイバージェンスとは
信頼度が高いダイバージェンス
信頼度が低くなるとき
テクニカル分析は 確率の高いときにエントリーすべき
ダイバージェンス後、50%戻してから上昇へ
ダイバージェンスのシグナルだけじゃなく、価格の推移も重要
信頼性の高い連続したダイバージェンス
時間軸を変えてのダイバージェンス
15分足のRSIやストキャスティクスでダイバージェンス
5分足のMACDやRSIやストキャスティクスでも ダイバージェンス
複数の通貨ペアで同時にダイバージェンス
ストップはどこに置くのか
連続したダイバージェンス
市場間ダイバージェンス
ダイバージェンスが回避されるまでトレンドは続く
まとめ、勝率が高い状態


これだけたくさんの内容があると、FXの教材の場合10000円を超えることがありますが、このダイバージェンス教材は3,990円とかなりお得な価格です。

このDVDを見ると勝てるようになるのか?


DVDを見ただけで勝てるようになるということはありません。というかそんなFX教材は存在しません。

ただし、勝率の高いダイバージェンスによるエントリーポイントの法則など、自分が分かっていなかったモヤモヤが解けて今後のトレード精度が上がると思います。

特質する点


おそらくほとんどの人が聞いたことがないであろう、

「通貨ペア間のダイバージェンス」という概念

についての説明があります。これは、ダマシを回避するための相場の読み方の一つです。

さらに、どの時間軸でのダイバージェンスを見てトレードを行うのがよいのか?ということにも触れています。これについては、DVD最後の質問コーナーで質問が出るなどして、より具体的に説明されています

どんなトレーダーにオススメか


正直、FX完全初心者にはオススメできませんが、初心者を卒業したあたりの人から上級者までオススメできます。

少なくとも、オシレータ指標(RSI、ストキャスなど)をトレードで使用している人は、見ておくと、目からウロコな箇所がたくさんあると思います。

新しいダイバージェンス FXトレードの実践

それでは、素晴らしいダイバージェンストレードを!!

逆行現象から入る12月のFX。ダイバージェンス ユロドル

前回ユロドル記事の続きです。そこまで変化はありませんが、現在、先週の高値超えにトライしている状態です。

以前、日足RSIではリバーサル、8時間足、4時間足ではダイバージェンスという、逆行現象から入る12月のFX相場です^^;

EUR/USD 4時間足
ユロドル4h

とりあえず、先週の高値でもある1.30267を超えられるかどうかに注目です。これをハッキリと超えるてくるとダイバージェンス解消になってきますので、ショートの選択肢は一旦消えます。その場合、ユーロ関連はさらなる上昇トレンド継続になるかもしれませんね。

ユーロドルは微妙な位置にいますが、ユーロ円については、円が売られているせいもあり、かなり高い価格帯にあります。売りで入るのは危ないので、下がってきたところを押し目買い狙いで攻めたいところです。

ユロドルの戻り売りエントリーについては、値動きが1.30267を超えないまま、1.29891を割りつつ、RSIが再度60を割ってくるなら、先週高値の上にストップを置いて低リスクな下攻めができそうな気がします。


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

トレンド認識用の無料動画レビュー記事

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ


メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。