FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RSIで逆張り手法のトレードを行う場合の注意点!!

RSIというと、やはり逆張りのイメージが強いみたいです。RSIを使用した逆張り手法は多々、存在しまからね。


けど、私としては、あくまでもトレンドの認識をしたうえでのトレンドフォローを推奨します。


ただ、どうしても逆張りが好きな方や、逆張りでエントリーが得意な方は、RSIだけで判断しないように注意してください。


どういうことかというと、例えば、RSIの値が70以上から70を下回ったからショートとか、RSIが30以下から30を上回ってきたからロング、というのでは、あまりにもエントリーの根拠として弱すぎるんです。


ご存知のとおり、RSIの値は(設定にもよりますが)頻繁に、70以上、80以上、30以下、20以下になります。その度に逆張りのトレードを行っていては、損切りの連続です^^;


RSIの値が80以上とか、20以下になったとしても、反転しないなんてことはたくさんあります。


なので、RSIを利用して逆張りを行う際は、必ず下記に注意してください!

① トレンド認識ができているかまず考える
② 他のツールと併用してエントリーすべきか判断する



①については、まず大前提として、できていなければいけないことです。これができていないと、あらゆる手法が使えません。

②について、RSIで逆張りを狙うなら、RSI以外で逆張りを出すサイン(シグナル)と併用してください。


例えば、代表的なものに、ボリンジャーバンドがあります。ボリンジャーバンドは、本来はボラティリティの強さをはかる順張りツールですが、プラスマイナス2σ、3σを値動きがオーバーすると、標準偏差からズレてるので、一旦価格が止まり易いという性質がありますよね?


RSIとボリンジャーバンドの組み合わせによる逆張り手法【問題つき】


ボリバンも、もちろん2σをオーバーしたとしても、そのままバンドウォークする可能性は多いにありますが、RSIの逆張りのサインと、ボリバンの逆張りのサインが同時に発生している場合は、その分だけ、値動きが反転する確率も高くなります。


全く機能の違うテクニカル指標が、「ここで反転するかもよ!」っていうサインを出すなら、それだけ精度が上がるということです。


もちろんこれは、確率論の話ですが、そもそもFXは確率論で勝つ世界です。相場に絶対はありませんからね。確率は1%でも高い方がよいんですね。


上記は、ただの一例です。反転を出すサインなどは他にいくらでもあります。酒田五法のロウソク足でも「反転の型」というものがいくつかあります。なので、RSIで逆張りのサイン、ロウソク足の型で逆張りのサイン、というのが合わさると、それだけ確率が高まるということですね。


けど、しつこいようですが、トレンドの認識ができているということが大前提です。


<関連記事>

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
スポンサーサイト


メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。