FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EURAUD 日足

RSI、ダイバージェンスというワードがブログタイトルの含まれているのだから、個人的に気になるリアルタイム相場で、ダイバージェンスやヒドゥンダイバージェンスがついたチャートを取り上げていきたいと思います。


エントリーや利食いの判断など、(もちろん当ブログは責任を負えないので自己責任で)参考にしていただければ幸いです^^;


記念すべき第一回目の通貨ペアとタイムフレームは、


EURAUD(ユーロ豪ドル)日足
ユーロ豪ドル日足
(※クリックで画像が大きくなります)


いきなり日本人的に馴染みの薄い通貨ペアを取り上げてしまいました。。。


正直、ここまで戻してくるとは思わなかったけど、ユーロドルのショートカバーが強めに入っているので、クロスユーロも連鎖的に、極端なユーロ高トレンドになったという感じです。


上昇トレンドに乗ってロングを保有してきた人は、利食いを検討しても良い時期ですね。というか僕はもう8割のポジションを利食いしました。テクニカルポイントにもぶつかっているので。


ただ、ショートを建てるかどうかというと、日足RSIはまだ70以上の買われ過ぎ加熱ゾーンの中にいるうえに、もちろん上昇トレンドが崩れた根拠はないです。更に高値を更新していく可能性もまだまだ残されています。


現段階でショートは、V字反転を狙った逆張りであるということを理解したうえで、それでもショートを狙う場合は、リスク少なめのポジションサイズ(お試し程度)にしておくのがよいでしょう。


週足RSIでは、前回高値とほぼ同じ位置にある状態で、もう1段階高値を更新するとヒドゥンがつきますね。

日足でダイバージェンスがついている以上、これ以上は短期タイムフレームでも、もうとりあえず押し目買いは狙わない方が無難です。



<関連記事>

まずはトレンドの認識から

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。