RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

複数タイムでのダイバージェンス

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う


よりリスクを小さくするためダイバージェンストレードを書いていきます。たぶんここまで書いているのは、このダイバージェンストレード教材と、あとは僕のブログくらいだと思います^^;


タイトルについてですが、

ダイバージェンスは、複数タイムで確認した方が、よりリスクを小さくしてエントリーすることができます。

どういうことかというと、

大きい足でダイバージェンスを確認したら、今度は小さい足(大きい足の1/4~1/6くらいの足で)ダイバージェンスがつくと、小さいリスクで大きな値幅を取れる絶好のチャンスです!


ポンド円 日足チャート
ポンド円日足
この画像でダイバーがついてるのは分かりますね。RSIの値はギリギリ30に達したくらいですが、30まで達してから値動きとRSIの値が逆行したら、ダイバージェンスの条件は満たしています。で、このまま日足だけを見てエントリーしてもよいのだけれど、さらにリスクを小さくするために、青い四角で囲んだ箇所を4時間足で見てみると


ポンド円 4時間足チャート
ポンド円4時間足
日足チャートでは気づかない小さい波のダイバーがついてるんです。これによって、よりストップまでの幅が狭い状態でエントリーすることができます。


これは、

・4時間足と1時間足
・1時間足と15分足

というような組み合わせでも使えるので、デイトレレベルの短期トレードでもいけます。


大きい足でダイバーがついたら、小さい足でダイバーが発生するのを待つ、というのもトレードスタイルとしてよいだと思います。

ダイバージェンスだけで勝てるわけではないがトレードの優位性は高い

<関連記事>

まずはトレンドの認識から

ダイバージェンスの基本


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口