RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒドゥンダイバージェンスで判断する押し目と戻り

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン


トレンド発生時、押し目や戻りがありますね。

どんな時にヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)がつくかというと、比較的「押し」「戻し」が深い時につく傾向があります。

フィボナッチリトレースメントでいうと、61.8%近辺か、あるいはそれ以上「押し」「戻し」の時にヒドゥンダイバージェンスがつきやすいです。


値動きとRSIの関係性を言葉にすると、、、


上昇トレンドであれば、値動き(押し目)が前回安値を更新していないにもかかわらず、RSIの値は前回の最低値を更新している状態

下降トレンドであれば、値動き(戻り)が前回高値を更新していないにもかかわらず、RSIの価は前回の最高値を更新している状態


噛み砕いて言うと、


上昇トレンドなのに売られ過ぎている
(だからそろそろまた買われはじめる可能性がある)

下降トレンドなのに買われ過ぎている
(だからそろそろまた売られはじめる可能性がある)


ということなんですね。
これも逆行現象です。


ちょっとニュアンスとしてはおかしいかもしれないけど、ヒドゥンダイバージェンスってのは、つまりそーゆーことです。

トレンドフォローのチャンスということです。

言葉だけではわかりづらいと思うので、次回は頑張って図を作ってみます^^;


じゃあ、ヒドゥンダイバージェンスがついたら、すぐトレンドが再開されるのかというと、残念ながらそんなことはないんですね^^;


続き RSIのリバーサルパターン


<関連記事>
FXで新しい手法を覚えたらまず最初にするべきこと!

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。