FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まずはトレンドの認識から

まずはRSIの見方とか、ダイバージェンスとか、シグナルとかの前に、トレンドの認識(環境認識)ができていないと、やはりトレードで勝つことは難しい。

これができていないと、どんなテクニカルツールを使っても勝つのは難しいだろう。


トレンドの認識って何?ってなるわけだけど、シンプルに言うと、高値・安値を切り上げているか、切り下げているか、だね。つまり俗に言うところのダウ理論


しかも、これを複数の時間軸で見て確認しなければならない。これが意外とできていない人が多い。


できれば複数の通貨ペアで確認すると尚良いが、それは応用の段階なので、まずは、一つの通貨ペアで、色々な時間軸の、高値・安値の切り上げ、切り下げを見て、例えば、「15分足だと上昇で、4時間足だと下降だなー」とか、そんな感じで、とにかく、高値・安値に注目して、確認する。それしかない。


スポーツでいうと、基礎訓練みたいなもん。相場の世界ではこれが絶対に必要。


そしてこれは、すぐできるようになるわけでもなく、ある程度の訓練が必要。


今の相場だと、豪ドル米ドルは、日足は上昇トレンド、1時間足は下降トレンドから上昇トレンドに変わりそうだなー、と。ユーロドルは、週足も日足も下降トレンド、4時間足は上昇トレンド、1時間足は急激な上昇トレンドだなー、って感じ。


この訓練を積んでいれば、どのタイミングでロングorショートすればよいのか、ってのが分かってくる。そこにダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスの概念を混ぜると、「値動きがもうこっちに進むしかない!」っていう段階まで追い詰めていくことができる。


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/08/17 01:05 ] トレンドの認識方法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。