FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豪ドル円 ヘッドアンドショルダーズと見せかけて……

豪ドル円がちょっと気になる形をしています。


豪ドル円 日足チャート
豪ドル円日足
(※クリックで画像が大きくなります)

豪ドルの追加の利下げがあったことから、豪ドルは非常に弱い状態が続いていて、79.40付近のサポートを割るかな、と思いきや、先週月曜(10/8)に安値をつけ、先週は微妙に戻して終わった状態です。

現在のレンジは、79.40~83.40、という感じですけど、重要なことは、これが上昇中の中段持ち合いなのか、それとも、天井圏の持ち合いなのか、というところですね。


形的にはヘッドアンドショルダーズに見えなくもないので、下にいきそうにも見えますが、売りで入るなら、79.40を明確に下に抜けたことを確認してからショートできそうな箇所を探す方が安全だと思います。

買いで入るなら81.15を上に抜けてきてからです。


天井圏での持ち合いの場合、サポートの少し上くらいで小さな下降フラッグが出現することが多いのですが、時間足で見ると、そうも見えます。

週明け、どのような展開になっているかをまずは確認ですね。


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

豪ドル米ドル 1時間足チャート

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。