FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GBP/AUD 日足ダイバージェンス RSI50以下へ

GBP/AUDが日足でダイバージェンスをつけ、RSIが50以下へとさがりました。

GBP/AUD 日足チャート
ポンド豪ドル日足

直近の相場展開として、ユーロが異常に強いのはどの通貨ペアを見ても分かりますね。ただ、ユーロ豪ドルを見てみると、こちらはちょっと豪ドルの方が強くなりそうな展開にも見えます。

僕はユーロ豪ドルのショートを狙っていたのですが、今のユーロを売るという選択肢はあまりよろしくないように見えるので、ポンド豪ドルの売り検討に入ります。ユーロポンドを見ても、ユーロの方が強いです。

タイトルで、RSI50以下へ、と書きましたが、これは、一つのRSIを利用したトレンド認識の一つの見方です。特に今回のGBP/AUDについては、日足ベースで見て、RSIが50を上抜ける時、下抜ける時に、それぞれ相場逆転の勢いが加速しているので、それなりに可能性のある展開なのではないかと思います。

ちなみに、週足で見るとレンジですね。


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

ダイバージェンスの基本

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。