FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豪ドル円 含み益のポジション操作について

豪ドル円が、レンジ内の真ん中より少し上の微妙な位置で勢いが弱まりました。


豪ドル円 日足チャート
W00.jpg
見てのとおり、79.40~83.55あたりでのレンジ状態となっています。

まず、この中途半端な位置でエントリーするということは考えられませんが、すでにロングを建てていて含み益のポジションを持っている場合のポジション操作の考え方は、


・すでに、上でヒドゥンダイバージェンスがついているので、無難に利食いしておく。

・レンジ下限で3回(4回)もサポートされているので、次は上に抜ける可能性が高いのでそのまま保有する。


大きく分けるとこんな感じでしょうか。もちろん分割で利食いして、残りはストップを移行して保有する、など、様々なポジションコントロール法があります。

4時間足で見ると、81.88あたりが小さなサポートになっているので、その少し下にストップを置いて放置しておくというのも一つの方法です。

この日足レベルのレンジをもしも上に抜けると、次は週足レベルのレンジ上限である88.50~90までレジスタンスがなく、そのあたりがターゲットとなりますので、ストップを動かしながら操作していくのが良いかもしれません。


含み益ポジションのコントロールが一番難しいんですよね。でも、エントリーで悩む時代が終わったなら、それはもう勝ち組への第一歩。

それでは良い週末を!

続きの相場展開 豪ドル円、またミニレンジ上限で跳ね返されるのか?


まずはトレンドの認識から

ダイバージェンスの基本

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/22 12:37 ] [ 編集 ]
Re: 相互リンクお願いします
> ekopapaさん

相互リンク申し込みありがとうございます。
リンク貼らせていただきました。
よろしくお願いいたします。
[ 2012/10/22 15:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。