RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

RSIにトレンドラインを引く手法というものが世の中にはあります。RSIに引いてる時点で、それをトレンドラインと呼んでいいのかどうかは疑問ですが、とりあえずおいときましょう。


ユーロドル 2時間足チャート
RSIトレンドライン1

この画像のように、RSIにトレンドラインを引いて、そのラインのブレイクをエントリーのシグナルとすることによって、価格に引いたトレンドラインのブレイクでエントリーするよりも、少し早いタイミングでエントリーすることができます。

そういう意味では、ダイバージェンスを駆使したトレードと同じです。


少し早いタイミングでエントリーできるということは、それだけ、ストップまでの距離を浅くできるし、そのぶんロット数も増加できて一気に稼げるということにはなるのですが、注意点があります。


上の画像を見て気付いた人もいるかと思いますが、RSIのトレンドラインなんて、引こうと思えばどこにでも引けるんですね^^;


RSIトレンドライン2

これは、1枚目の画像と全く同じチャートに、あえて変な位置にRSIのトレンドラインを引きましたが、こんな位置に引いても、ボロ負けの連続になりますよね。


なので、結局のところは、RSIにトレンドラインを引くという手法というのは、まぁ手法と呼ぶほどのものでもなく、エントリータイミングを取るための一つの自己流シグナルにすぎないんですね。

このトレードを成功させるコツは、やはりトレンド認識ありきということです。今回の画像でいうと、ダウントレンドであることは明らかなので、まずロングでのエントリーはありませんよね?


基本的には、あくまでもトレンドフォローとして使うことが推奨されます。

トレード自体は、自分がやりやすいルールを作ることが大事だと思いますが、精度を上げるヒントとしては、通常、エントリーのシグナルというものは、複数のサインの組み合わせによってできるということですね。

この、RSIにトレンドラインを引くという手法と、ダイバージェンスやリバーサルを組み合わせることもできますよね。


RSIで逆張り手法のトレードを行う場合の注意点!!

RSIとボリンジャーバンドの組み合わせによる逆張り手法【問題つき】


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。