FC2ブログ

RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイバージェンス ユーロ豪ドル4時間足

今週も明けましたが、ドル円、クロス円はとりあえず高値圏が過熱してるので、ちょっと手をだしずらい状況です。

ドルストレートも中途半端な位置にいる通貨ペアが多いですね。

そこで、ダイバージェンスつきのユーロ豪ドル(4時間足)
ユーロ豪ドル4h

日足ベースでの全体の流れは、上昇から下降に転換したと見ているので、基本は戻り売りの目線です。

4時間足ベースでは、広めにとったスイングでダイバージェンスをつけていて、この短期上昇の押し目の起点からRSIにトレンドラインを引く手法で見てみると、ブレイク済みです。

チャートのパターンとしては、かなり汚い形状のダブルトップとして見ようと思えばみることもできなくはない、というような形です。

あともう少し上まで引きつけるか、上に長いヒゲが出てきたりするとエントリーしやすいんですけどね。



ユーロドルも豪ドル米ドルも中途半端な位置にいますが、ユーロドルは下落から復活していきているようにも見えるので、その辺も同時に見て注意していきたいところです。


<関連記事>
まずはトレンドの認識から

トレンド認識用の無料動画レビュー記事

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。