RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイバージェンスだけで勝てるわけではないがトレードの優位性は高い

下記のような質問というかメッセージをいただきました。

FXはダイバージェンスだけで勝てるのではないでしょうか?(かなり略してます^^;)

かなりストレートですね。ありがとうございます。おかげで記事ネタができました。


ダイバージェンスという逆行現象だけで勝てるのかというと、もちろんそれだけでは勝てませんが、

ダイバージェンスを利用して、エントリータイミングを厳選し、ちゃんと自分のルールに従って相場に挑めば、それだけで優位性の高いトレードができることは間違いないと思います。


その結果として、勝てます。勝てるというのは、トータルでプラスにしていくことができるという意味ですね。


しっかりチャートを検証すれば分かるとおり、ダイバージェンスによるトレードは、比較的ストップを浅めにしてエントリーすることができるため、自然と利大損小トレードが作り易いんですね。


ただ、大事なのは、やっぱりまず最初にトレンドを認識し、その次にリバーサルやダイバージェンスが発生した後にどうなったらエントリーするか、とか、どうなったらエグジット(利食い・損切り・微益撤退)するか、というトレードルールであり、ここだけしっかり構築しておけば、後はもうメンタル負荷から解放されて作業みたいにトレードしていくことも可能だと思います。


<関連記事>

FXで新しい手法を覚えたらまず最初にするべきこと!

RSIのリバーサルパターン

ヒドゥンダイバージェンスが示すサイン

ダイバージェンスの基本

ヒドゥンダイバージェンスと組み合わせて使う

RSIにトレンドラインを引く手法の注意点

ダイバージェンストレード教材レビュー!信頼性の高さを追求せよ!!

RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
始めまして。大変有意義な内容のBLOGですね。勉強させてもらっています。ありがとうございます。ひとつ教えていただきたいのですが、ストキャスと比較してRSIの優位性は何だと認識されておりますか?恐縮ですが宜しくお願いします。
[ 2012/12/30 02:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
じろう様

コメントありがとうございます。
また返信が大変遅れてすいません(>_<)


>ストキャスと比較してRSIの優位性は何だと認識されておりますか?恐縮ですが宜しくお願いします。

ストキャスをそこまで使い込んだことがないので分かりませんが、まずオシレータツールとしての反応速度や、高値圏・安値圏への張り付き具合が全く違いますよね。

ストキャスは高値圏・安値圏への張り付きがRSIより激しいと感じます。その点では、RSIの方が張り付きずらいし、反応も細かいので、精密にオシレータを使いたいならRSIの方に優位性があるのではないかと思います。

けど、ストキャスは、MACDのようにゴールデンクロスやデッドクロスという分かり易いシグナルがあるので、分かり易いという利点がありますね。

ストキャスだけでルールを作るのは危険だと思いますが、移動平均線などのトレンド指標と組み合わせて、タイミングを取るために使うというのは分かり易くて良いかもしれません。
[ 2013/01/16 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。