RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドル円100円水準へ上昇!高値更新で円安トレンド継続!!

ドル円が100円の水準をターゲットに入れてきました。高値を更に更新し、まだまだ円安トレンドが継続しています!

今回、このFXブログで解説している、RSIリバーサル(ヒドゥンダイバージェンス)やRSIにトレンドラインを引く手法がしっかり機能しているので復習してみましょう。


<復習の基本記事>
RSIのリバーサルパターン
RSIにトレンドラインを引く手法の注意点


ドル円 USD/JPY日足チャート
ドル円100円水準へ上昇!高値更新、円安トレンド継続か?
チャートを見て分かるとおり
RSIリバーサルが2連続で発生していますね。これはRSIトレーダーで、かつ、しっかりとトレンドの認識ができていれば分かりますよね。


かなり美味しいドル円相場です。


それだけではなく、画像のRSIに引いた青い線ですが、
RSIにトレンドラインを引く手法です。


これも、キレイに機能していて、買い増しを2度、3度と繰り返している人は、今頃笑い止らないほどの含み益になっていると思います。


私はドル円よりも実は豪ドル円のロングを数回しているので、スワップで毎日ふところがあたたかくなっています。


まぁドル円や豪ドル円に限った話じゃなく、ユーロ円なども似たようなもんですね。


つまり円安なので、円に対して売り(ドル円、クロス円のロング)のポジションを建てれば、直近の為替相場は楽勝な展開なんですが、やっぱり、質問のメッセージなどを見ると


あの時買っておけば、、、

と後悔している人がたくさんいるみたいです。


FXはトレンドが出ている時に利益をガンガン上げていかないとトレードをする意味がないとさえ言えるので、2013年の円安トレンドでまだ利益を上げていない人や、損失を出している人は、何故トレンド相場に乗れなかったのかをじっくり考えてみるべきだとは思います。


ラクな方法を探していないでしょうか?
ニュースに振り回されていないでしょうか?
ちゃんとリアルタイムに動く相場に対応していく練習をしていたでしょうか?



FXで新しい手法を覚えたらまず最初にするべきこと!


後から相場を見て「あの時エントリーしておけば。。。」などと思うのは、負け組の典型的な思考なので、安定して勝ち続けるために必要な作業をしっかり行っていきましょう。


Topへ⇒RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー
RSIの時間の概念
FX勉強中のままこです。
ヒドゥンダイバーなんて待ってく知りませんでしたが、
RSIでうまく使えるように最近よく見てます。
質問なのですが、RSIの時間の概念とはどういうものなんでしょうか?説明していただけたらありがたいです。
よろしくお願いします。
[ 2013/04/21 03:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。