RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豪ドル米ドル 1時間足チャート

理論ばかり説明していて実戦がないと信憑性がないので、リアル相場でのエントリーポイントも挙げていこう。


豪ドル米ドル 1時間足チャート
豪ドル米ドル1h
(※クリックで画像大きくなります)


これ実は、画像の左側から2個目の山でもダイバージェンスは起きていて、そこから入ったらもっと取れているんだけど、それは結果論です。

画像の左側から2個目の山の時点では、トレンドフォローという観点とは程遠く、ただの逆張りになるので、エントリーはなしです。

このブログの初回記事で触れた、僕にFXを教えた人間が、口をすっぱくして何度も言ってたことだけど、自分が狙いにいく値動きを決めている、ということが非常に大事なんですね。

そして僕は、自分で言うのもなんですけど、RSIのダイバージェンスを利用したトレンドフォローのみを徹底的に追求して(極めて?)いるので、それ以外はしないことにしてます^^;


あとは作業みたいなもので。



<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンド認識用の無料動画、レビュー記事

テクニカルトレードの無料動画、レビュー記事


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/09/04 21:26 ] エントリーポイント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。