RSIのダイバージェンスでトレンドフォロー

RSIのヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)とダイバージェンスを利用して押し目買い・戻り売りのトレードを行う方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドル円 4時間足チャート

ドル円です。USD/JPYです。

初心者ならまず手を出す通貨ペアですね。

ドル円 4時間足チャート
ドル円4h


エントリーポイントというカテゴリで書いておいてなんだけど、これは、エントリーしちゃいけないポイントとして書いてみました。

どのこの画像は4時間足ですけど、日足で見ても、1時間足で見ても、15分足で見ても、どの足で見てもどちらにいくのか分からない。

もちろん、値動きを見てもどっちにいくか分からないし、RSIを見ても何のサインもない。

下には強力なサポートがあるし、上にいく根拠もない。

こーゆーの手を出してしまうのはただのギャンブルなので、もっと他の通貨ペアを見れば分かり易いのはたくさんあるので、根拠を持って方向性の確認が取れる通貨ペアでトレードすればいいですね。



<関連記事>

まずはトレンドの認識から

トレンド認識用の無料動画、レビュー記事

テクニカルトレードの無料動画、レビュー記事


RSIのダイバージェンスでトレンドフォローのトップへ
[ 2012/09/11 01:24 ] エントリーポイント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



メイアクト FX情報サイトの入り口
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。